FXはレバレッジのコントロールが重要です。

FX取引でよく聞く「レバレッジ」とは何でしょうか。

レバレッジとは直訳すれば「てこの原理」の事です。
FXでは、少ない資金(証拠金)を元手として大きく運用し利益を生み出す事から使います。

わかりやすく数字を挙げてみます。
例えば1ドルが110円の時に5,000ドルを買う事にしたとします。
5,000ドルを1ドル110円で買う為にはどれだけの資金が必用になるでしょうか?

普通なら 1ドル110円×5,000ドル=550,000円 となります。

ですが、レバレッジを利用すると、本来なら550,000円が必要なものをそれよりも少ない資金で買う事ができてしまいます。
5,000ドルをレバレッジを利用する事で55,000円の資金(証拠金)で買うとすると、少ない資金でその10倍もの額の運用ができるのです。
この証拠金FX取引で実際に動くお金となり、万が一損失が発生した場合には、この証拠金で賄う事になります。
証拠金とはFX取引を行う上での投下資金ですが、FXでは株式投資のように投資に必要な総代金を用意する必要はありません。
必要な総代金の数%?数十%の担保金を投下する事により運用する事が可能なのです。

また、買ったドルをすぐに売りに出さず長期保有した場合、保有している間はスワップ金利が発生します。
万が一、予想と逆の方向に進み損失が出ても、スワップ金利を得ていれば損失が少なくなります。
状況に応じてレバレッジをコントロールし、スワップ金利とうまく絡める事で大きな利益を得たりリスクを低く抑えたりする事も可能なのです。
| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。